ホシデンエフ・ディ株式会社全景

会社方針Corporate Policy

基本方針Standard Policy

ホシデン株式会社基本方針

    • 1)「法令遵守・社内遵守を最優先にて生産、販売活動を行う」
    • 2)「顧客が認める高水準の品質・環境保証体制を構築する」
    • 3)「あらゆる品質・環境行動の原点を顧客中心主義に置く」
    • 4)「品質・環境最優先思想へと意識を改革させる」

FD基本方針

「お客様の満足を原点に継続した改善に取り組む」

ホシデンエフ・ディ株式会社は、上記のホシデン株式会社の基本方針および当社の基本方針に基づき、下記の品質方針を定め、品質マネジメント活動を行う。

ページトップへ戻る

品質方針Quality Policy

品質方針

ホシデンエフ・ディ株式会社は、ISO9001やISO/TS16949に基づく品質マネジメントシステムを構築し継続的に改善することにより、製品品質を向上させ顧客の満足を得る製品を供給する。
尚、品質マネジメント活動に於いては適切で効果的な運用を心がけ、且つ製品に関係する法令を遵守し、当社に対する顧客と社会の信頼を確固たるものにする。
又、これらの活動により、当社の持続的発展を目指す。

方針の展開および管理

1)ISO9001:2008年度版やISO9001やISO/TS16949:2009に基づくマネジメントシステムを構築し、有効性を継続的に改善する。

2)製品に関連する法規を遵守し、顧客要求事項を満たすシステムを構築し、実行する。

3)年度始め、経営者は自社の品質方針にあった品質目標を発表し、この目標に対する達成度を期中および期末に評価して適切な指示を与える。
又、各部署の所属長は、会社の品質目標に基づき、各部署毎の品質目標を立案し部署内に徹底させる。その結果を期中および期末に経営者に報告する。

4)品質方針は、組織の従業員に伝達し、理解させるようにする。

5)品質方針は、各年度末にその適切性を経営者によって見直しする。

6)品質方針は、「文書管理規定」に従い管理する。

ページトップへ戻る

環境方針Environmental Policy

ホシデンエフ・ディ鰍ヘ、環境保全が世界共通の課題であることを認識し地域社会の人と環境に配慮し、地球環境保全に貢献できる企業を目指す。

1) 事業活動が環境に与える影響を的確に把握した中で、環境に著しい影響を及ぼすものを特定し、 技術的・経済的に可能な範囲で下記に示されるような環境目的・目標を設定し達成に向けて計画的に活動する。 また、条件の変化に対応し見直しを行い、環境マネジメントシステムと活動実績の継続的向上に努める。

    1. A. 地球温暖化及び資源枯渇の防止のために、省エネルギーを推進する。
    2. B. 工場排水、重油及び化学薬品の漏洩を未然に防ぐと共に、適切な管理に努める
    3. C. 廃棄物処理問題を考え、廃棄する各種不要物の削減に努めると共に、廃棄物の分別リサイクルを推進する。
    4. D. 環境破壊や健康に悪影響のある有害物質を含まない製品の開発・設計を進め、地球環境負荷の低減に努める。

2) 環境関連の法規制及び当社が同意したその他要求事項を遵守し、環境保全活動を自主的に推進する。

3) 社員一人一人が社会に貢献できるよう、教育・啓発により環境意識を高め環境保全活動への積極的な参加を促す。

4) 環境内部監査を実施し、環境マネジメントシステムと活動実績の見直しを行い、システムの維持向上に努める。

5) 環境方針は必要に応じて外部に公表する。

ページトップへ戻る
Copyright (C) 2012 HosidenFD Corporation. All Rights Reserved.